新着情報

山口県自動車車体整備協同組合 青年部会研修会にてメンタルヘルスケア研修会講師を務めてまいりました

2017年12月03日

人材育成、人材確保のためのメンタルヘルスケア

念2014年6月、労働安全衛生法改正により50人以上の事業所対象でストレスチェック制度が義務付けられメンタルヘルス不調にならないための予防と健康の保持増進(第一次予防)が強化されました。

従来のメンタルヘルス対策は、復職支援や再発予防に着眼した、いわば、問題が起きたあとに対処する方法が主体で、そのため企業からみれば、メンタルヘルス対策は、コストがかかるわりには、企業にプラスにならないと考えられがちでした。

これからのメンタルヘルスケアのありかたは、日頃からストレスは人や企業を成長させるための重要な要素として考え、前向きにストレスを活用できる人材とそれを適切にマネジメントできる組織を作り上げていく対策として行われていくべきだと考えます。

このたびは、山口県自動車車体整備協同組合青年部会にて、このような考えに賛同していただき、研修会を開催してくださいましたこと心より感謝申し上げます。

高度成長期をすぎ、大幅なベースアップは、多くの企業では難しい昨今です。だからこそ、社員に与える報酬は、心を満たすこと=顧客からの感謝、やりがい、達成感、あたたかい人間関係が大切になります。

メンタルヘルス対策が個人の幸せのみならず、企業の発展に寄与できるよう、今後もより一層活動してまいります。

開催日時:平成12月3日(日)10:00~12:00
開催場所:ゆーあいプラザ 山口県社会福祉会館 山口市大手町9-6