法人コーチング

ストレスケア・キャリア開発はどちらも大事

カウンセリングでストレスケアを行うとともに個人の潜在能力を引きだし企業力アップを応援します。

ストレスチェック制度が2015年12月~厚生労働省より義務付けされました

 制度により、会社としてメンタルヘルス不調の未然防止のためにストレスチェック制度を実施せねばならなくなり、担当者の方は戸惑っておられるのではないかと思います。産業カウンセラーである私は、ストレスチェック実施者の指名、指示のもとに労働者に面談を行うことができます。
 ストレスケアは普段から相談の窓口を広げ、相談しやすい環境を作ることが大切です。そのため、産業医と連携しつつ産業カウンセラーなどの心理職が相談対応を行う体制を整備することが望ましいのです。また、高ストレスの労働者への接し方に関する助言。普段から、ストレスを溜めないための指導を行うこともできます。

個人の“悩み”を解決することで、仕事に関わる意識を変える


 カウンセリングにはメンタルヘルスという方向性とは異なるもう一つの役割があります。それは個々の人間的成長を支援するという役割です。カウンセリングが盛んな欧米では日本のように、精神福祉中心ではなく、企業利益を追究するためという側面がありました。

 たとえ、高給優遇されていても、福利厚生が整っていても生産が向上しない。労働者の態度が悪いなどの問題が解決しないことがあります。そこで導入されたのがカウンセリングです。

 組織で働く人には仲間意識が存在し、感情的な側面が仕事に関わる動機づけに関与していて、働く人のストレス要因の第一位は、「職場の人間関係」です。また、女性は特に、それが大きいです。

 この問題に対処するには、まずは、聴くことですが、上下関係、同僚など利害を共にする関係では、なかなか難しいと言えます。その役割を果たすのが、産業カウンセラーでもある私の役割だと考えております。

「第三者目線」でしかわからないこともあります!!


 カウンセリングでは、クライアントのどの側面にも積極的に肯定的に関心を向けて、素直に聞きます。相手のどのような言葉も感情も、知識や理論で説き伏せようとはしません。対等な人間同士として関わります。

 どんなに親しい間柄でも、信頼し合える上司と部下の関係でも、相手に対する先入観というフィルターを通じて物事を判断すると、そこにズレが生じます。

 本来心地良いはずのコミュニケーションがお互いの評価のし合い、葛藤の中で少しずつストレスとなって、わだかまりが大きくなることもあります。

それは、本人も気づいていないことも多いのです。

「 上司とはこうあるべきだ。」
「 部下とはこうあるべきだ。」
「 注意されるのは自分がダメな人間だからだ。」
「 どうせ、自分の考えなど言っても仕方がない。」

 あらゆる思考のクセが、人が本来持っている素直に伸びる芽を摘み取ってしまいます。クセとは本人が気づかぬうちに当たり前になっていることです。

 カウンセリング的なコーチング手法では、クライアント中心の関わり方で、各人の「 私はこうしたい。」「 こんな思いを持っている。」そのために、「 こういう方法を試してみよう。」という部分を育んでいきます。

メンタルヘルスは今から必要だと思っているけれどどうすればいいの?

大企業、官公庁、学校等には専門家が常駐している所もあります。でも、中小企業ではどうすればいいのでしょうか?(内部の人の声です)
・ 同僚、上司の目が気になって相談できません。
・ 相談に行ったことが上司にバレると評価が下がる気がします。
・ 相談した内容が漏れるのではと心配です。
・ いつでもかかれるように、メンタル関連の医療機関のチケットを貰っていますが敷居が高いです。

そこでご提案!
中小企業、大きな団体企業、教育関連、医療・介護分野など、さまざまなニーズにお応えします。コスト面から考えても常駐ではなく社員がいつでも行ける契約性をおすすめします。(相談件数による歩合、回数・時間に応じた契約などフレキシブルな対応をお約束いたします。)


各種コミュニケーション関連、ストレスケア関連のセミナーもお受けしております。